宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

トピックス

【6月中旬見頃】西根地区 せんだんの木

掲載日:2013.06.23

 せんだんの木の花が咲き始めました! 

 

6月13日現在つぼみが開き始め、これからの天候にもよりますが、23日(日曜日)頃までが見頃とのことです。

ぜひ、薄紫がかった花を堪能して下さい。

 

旧高倉小学校の跡地に立つせんだんの木は、樹齢推定130年といわれている。

西根地区の「桜とせんだんの木を守る会」が主体となり、保護されている。

明治10年、高倉小学校開設の折りに移植されたものとされている。樹齢推定130年、高さ約20m、幹周5mになる。この「センダン」という種類の木は、もともと西日本などの温暖な地域に自生するものだか、東北にこれだけの巨木として自生しているものとしては、国内でも希有とされている。

 樹勢が盛んだった頃は校庭の5分の1を覆うほど枝が広がっていたという。
そのため教室の採光を妨げるとして、幾度となく幹枝が伐採された為、枝先から枯死が目立ち、瀕死に陥った。

それから西根のシンボルを守りたいと「桜とせんだんの木を守る会」が主体となり、樹木の治療がすすめられ、樹勢は回復しつつある。
春には薄紫色の花が咲く

 


このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る