宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伝えたいおふくろの味~11月の主な行事

 

行事 いわれなど 関連する料理
及び献立
15 七五三 この年、数え年3歳と5歳の男児、3歳と7歳の女児がお宮参りをして、氏神様に健やかに成長したことを感謝し、これからも幸福を祈願するお祝いの行事。
昔は3歳までは、子供は神様からの授かりもの、神の子であるといわれていた。これが江戸時代になってから、武士の家では数え年3歳になると、「髪置の祝い」といって髪をのばす儀式を行い、男児は5歳または7歳になると、「袴着の祝い」をして男の衣服をつけ、女児は7歳で「帯祝い」をして、つけ紐を取って本式の帯を締めたことがはじまり。
昔は決まった日ではなく、11月の吉日を選んで行っていたが、江戸時代から15日に祝うようになった。11月15日は、旧暦では鬼が家にいる日とされ、安心してお参りができる日とされた。
15 油しめの十五日 昔は、自分の家で食べる油は菜種やジュウネン、かやの実などを絞って間に合わせていたそう。お嫁さんが菜種やかやの実などを実家に持ち帰り、油しめをして来る日。朝に餅をつき、仕事は休み。油しめに行くお嫁さんは朝についた餅を重箱などに詰め、おみやげがわりに持っていったという。
また、この日にけんちん汁を食べる家が多い。
けんちん汁

 

紹介する食材の処理・保存方法および料理名
五目ぶかし・呉汁・ごぼうのすいとん鍋・金平ごぼう・五目煮大豆・豆みそ
柿の渋漬け・さわし柿・たるぬき・干し芋・ごぼうチップス・がんづき
11月のレシピメニュー ※下記お料理名をクリックするとレシピ詳細ページにとびます。

このページの上に戻る