宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伝えたいおふくろの味~9月の主な行事

 

行事 いわれなど 関連する料理
及び献立
9 節句 どこの家でも仕事を休み、赤飯を炊き、煮魚、煮しめというご馳走だった。神棚や屋敷神さまには、新藁で作ったオフクラの中に、赤飯を入れてお供えした。 赤飯
秋分の日と
その前後3日の7日間
お彼岸 彼岸は仏教行事だが、日本独特の行事。そもそも彼岸とは、仏教でいう「悟り」の世界、極楽浄土のこと。苦悩や煩悩に満ちた人間の住むこちらの世界(此岸)から、あちらの世界に渡るためには、日々、功徳を積まなければならないが、なかなかできないのなら、せめて年2回、春と秋には実行しましょうというのがお彼岸法要の本題の意味。
お彼岸に「ぼた餅」や「おはぎ」を供える習慣は江戸時代から始まったとされている。小豆の赤い色が災難から身を守り、邪気を払う効果があるという説や、季節の変わり目に小豆・餅米・砂糖をふんだんに使った「ぼた餅」や「おはぎ」で体力をつけるため等諸説がある。「ぼた餅」はこしあん、「おはぎ」は粒あんで、それぞれ春の花「牡丹」と秋の花「萩」に似ていることからついた名だといわれている。また、それぞれの花のように「ぼた餅」は大きめに、「おはぎ」は小さめに作るという話もある。
(中日)
おはぎ
(きなこ、あん、ごま)

(送り彼岸)
煮ぶかし
混ぜごはん

 

紹介する食材の処理・保存方法および料理名
しょうゆだんご・いかの塩辛
9月のレシピメニュー ※下記お料理名をクリックするとレシピ詳細ページにとびます。

このページの上に戻る