宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伝えたいおふくろの味~8月の主な行事

 

行事 いわれなど 関連する料理
及び献立
13~16 お盆 地域にもよるが、7日に墓掃除をし、ご先祖さまをお迎えするところもある。ご先祖さまが乗ってくる馬をコモクサで二頭作り、屋根の棟の上に乗せ、夜には、松の根を割り乾燥させた蒔を門口で炊き、ご先祖さまがお出になるので、明るくしてさしあげた。
(13日)
盆棚づくり。仏壇の両側に、笹のついた二本の竹を立て、この竹に15㎝ほどの幅に二本の竹を横に渡し、この竹に青い杉の葉を一面に挟み、さらにこの杉の葉の上に、白いつけ木を2㎝位の幅に裂き、それを×に並べていく。盆棚の二本の竹には、まんじゅうふや、赤く色づいたホオヅキなどを下げた。
仏壇には、新しいござを敷き、その上にお膳がわりに大きな蓮の葉を置く。蓮の葉がない家ではサトイモの葉を使うこともあった。箸は、柳の小枝を箸の長さに折り、青い皮をむいた。夜になると、真新しいちょうちんに明かりをつけ、蓮の葉の上にご馳走をお供えし、家族めいめいが線香を立てて拝んだ。
(14日)
この日から16日までの3日間は仕事が休みで、唐竹でお墓にもっていく花竹を作った。朝食後、ナスをさいの目に細かく刻み、といだ米をまぜ合わせたアライアゲ、お菓子、お茶、線香、花竹などを持ってお墓参りをした。この日の昼食はうーめんと決まっているところもある。
(15日)
朝に餅をつき、あんこ餅のほか、ずんだ餅を作った。初物のずんだ餅は、仏壇にお供えしてから食べた。
(16日)
朝食がすむと、盆棚をはずし、お供えをしたものと一緒にひとまとめにし、川に流した。お供えしたキュウリやナスには箸をさして馬を作って流した。
ずんだもち
(ずんだ)
うどん
きゅうりびき
冷やし汁
うーめん
(じゅうねんだれ)
(ごまだれ)
お煮しめ
つゆもち

 

紹介する食材の処理・保存方法および料理名
なすのずんだ和え・なす炒り・しそ葉の千枚漬け・ゆかり
どじょうみそ・どじょう汁・ひじきの炒煮
8月のレシピメニュー ※下記お料理名をクリックするとレシピ詳細ページにとびます。

このページの上に戻る