宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伝えたいおふくろの味~3月の主な行事

 

行事 いわれなど 関連する料理
及び献立
3 桃の節句 この日は草もちを食べ、赤飯、甘酒、いりこ(あられ)等を作り、人形を飾り子供たちが健全に育つようにと祝った。また、3月節句にヨモギの草もちを食べると、お灸をしたのと同じといわれている。節句の日は餅をつき、どこの家でも仕事は休みだった。 草もち
ひしもち
ちらし寿司
お吸物(貝と菜の花)
甘酒
春分の日と
その前後3日の7日間
彼岸 (入り)
地域によるが、お彼岸の入りは油揚げごはんかシソごはんと決まっていたところもある。
油揚げごはん
(中日)
墓参りをし、仕事も休む。中日の朝はヨモギを入れて、草もちをつく。この草もちは初物になるのでどこの家でも自分の家で作った豆粉をつけ、お墓に持っていってお供えする。また、この季節には、マンサクの花ぐらいしかないので椿の小枝に、つけ木の花びらの造花を買ってお供えした。
草もち
(結岸)
お彼岸の最後の日を結岸という。この日も油揚げなどを煮て、仏壇にお供えする。この結岸の日は「アグドケエス(かかとを返す)だから雨が降る」と言われている。
小豆ごはん
変わりごはん

 

紹介する食材の処理・保存方法および料理名
あんかけ汁・切干大根の炒煮・ねぎの酢みそ和え・からし菜漬け
3月のレシピメニュー ※下記お料理名をクリックするとレシピ詳細ページにとびます。

このページの上に戻る