宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伝えたいおふくろの味~2月の主な行事

 

行事 いわれなど 関連する料理
及び献立
3 節分 豆の茎のところを20㎝ぐらいの長さに切り、一方を二つに裂き、その裂いたところに焼いた小鰯の干乾の頭の部分を挟み、出入り口や雨戸にさした。これを差しておくと鬼が嫌いなため、家の中に入りこまないといわれている。
炒った豆を一升枡に入れて、天照皇大神宮にと神棚にまき、恵比寿、大黒、釜の神様にとまき、その他の神様にとまき、それから「福は内、鬼は外、鬼の目玉ぶっつぶれろ」とまいた。
目を閉じて自分の年の数と同じ数の豆を拾って食べると、病気をしないといわれている。
2月の最初の午の日 初午 緑茶を飲めない日になっており、麦茶を飲む。お稲荷さまが、あるとき猟師に追われて逃げていたところ、眼の前にお茶の木があったので、その木に身をかくし、危ういところを命拾いしたことから、お茶を飲まないことになったよう。

 

紹介する食材の処理・保存方法および料理名
豆腐田楽・ひき昆布の炒煮・うどの和え物・ふきのとうみそ・ふきのとうの佃煮
2月のレシピメニュー ※下記お料理名をクリックするとレシピ詳細ページにとびます。

このページの上に戻る