宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

紺糸最上胴具足

[概要]
[こんいともがみどうぐそく]
紺糸で装飾された最上胴具足である。最上胴とは胴丸(どうまる)の一種で室町時代後期につくられた。石川晴光公が着用したものと伝わっており、450年以上前の貴重なものである。兜(かぶと)や袖(そで)の裏側に金箔がほどこされているので、江戸時代に飾り用に修復されたものと思われる。旧氏丈邸(角田市郷土資料館)に常設展示されている。角田市指定文化財。
[住所]
角田市角田字町17(角田市郷土資料館)
[電話]
0224-62-2527
[FAX]
0224-62-2527
[Email]
[URL]
[詳細情報]
この甲冑を着用していたとされる石川晴光は戦国時代の大名で、陸奥石川氏第24代の当主である。現在の福島県石川郡周辺を領しており、石高は18万石であった。
しかし、周りの大名の圧迫を受けて窮地に陥ったので、伊達氏の庇護を求めるため伊達晴宗の四男、昭光(伊達政宗の叔父にあたる)を養子に迎えた。その後昭光は伊達政宗の家来になり、角田にやってくる。その時、義理の父親のものを家宝として持って来たものと思われる。
江戸時代を通して石川氏が所有していたが、明治期に入り氏家丈吉が譲り受け、氏丈邸にしばらく飾られていた。
■アクセス/角田駅から車で5分、徒歩19分。

【カテゴリー】:歴史>文化財  【タグ】: ,

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る