宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

文永十二年銘供養碑

[概要]
[ぶんえいじゅうにねんめいくようひ]

この板碑は藤田寺境内の西側にあり、県内でも珍しい文永12年(1275年)の建立である。
昭和43年10月1日に角田市文化財に指定された。

阿弥陀三尊の種子(※1)である、「キリーク(弥陀)」、「サ(観音)」、「サク(勢至)」が、薬研彫(やげんぼり)で彫られている。
供養碑の左右に種子を並べて刻んだ「双式碑」である。
碑の下部中央には「文永十二年大歳乙亥正月卅日」(1275年)と刻まれる。
碑文には石碑の下部の右から、「弘誓多門四十八」「偏標取為真」「右志者過去幽霊」「出離生死成仏」とあり、造立の趣意と念仏偈を刻んでいる。

※1)仏教の様々な仏を、梵字の一文字で表したもの。

※参考文献:平成16年9月角田市教育委員会「角田市文化財マップ」

[住所]
角田市藤田字峯206
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

[詳細情報]
■アクセス/角田駅から車で17分。


【カテゴリー】:歴史>文化財  【タグ】: ,

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る