宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

毘沙門堂の榧

[概要]
[びしゃもんどうのかや]

角田市鳩原にある福應寺境内に伸びる大きな榧(かや)の木。
幹周は5.5mで樹高は31.5mある。
地上6.7m付近で幹が東西二つに分かれ、更に各二大枝に分岐する。
樹齢は800~1000年と推定され、「千年榧」とも呼ばれている。

平成3年5月28日に角田市の天然記念物に指定された。
毘沙門堂の参道脇に根を下ろし、分岐を繰り返しながら空へ伸びるその姿は、境内でもひと際大きな存在感がある。

[住所]
角田市鳩原字寺44
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

[詳細情報]
■アクセス/角田駅から車で20分。


【カテゴリー】:歴史>文化財  【タグ】: , ,

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る