宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

八幡神社楼門

[概要]
[はちまんじんじゃろうもん]

八幡神社内の楼門は2階建ての構造になっており、慶應2年(1866年)の建造と伝えられる。

その特色は各所に施された豊富な彫刻群や組み物にあり、特に軒下で庇を支える虹梁(こうりょう)や、部材の加重を支えるための蟇股(かえるまた)など各部材に、幕末期の建築技術の粋を見ることが出来る。

かつては楼門の2階で神楽が奉納されていたと言われる。

[住所]
角田市角田字牛舘112
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

[詳細情報]
・昭和56年10月20日に角田市文化財に指定された。

■アクセス/角田駅から車で5分、徒歩17分。


【カテゴリー】:歴史>文化財  【タグ】: ,

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る