宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

山神神社

[概要]
[やまがみじんじゃ]

この山神神社は、枝野8区長沼地区の北西の水田にあり、長沼古墳(幅約4m、長さ約10m、高さ1m)の小さな丘陵上に祀られている。
大海原の浮島を思わせる景色と、風にそよぐ老樹のささやきは、見るものにある種の絵画的風情を感じさせる。

[住所]
角田市枝野字長沼
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

[詳細情報]
・祭神は大山祗神(おおやまつみのかみ)と木花開耶姫命(このはなさくやひめ)と伝えられる。
大山祗神は、伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)両尊の子供で、山のすべてを司る神である。
木花開耶姫命は、大山祗神の娘で、古事記では「桜の花が咲く」という意味の神であるとされる。有名な山幸彦と海幸彦の御母にあたる。

・「山の神」は女性であるといわれ、様々な信仰が今も生活の中に生き続けている。
各地に点在する祠や石碑の存在は、人々にとって「山の神」信仰がいかに身近なものであったかを感じさせる。

・現在の小祠は、大正3年に造り替えられたもので、棟札(むなふだ)がわずかに山神神社であること伝えている。祭日は9月9日であったといわれる。

■アクセス/角田駅から車で17分


【カテゴリー】:歴史>神社仏閣  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る