宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

大荒山神社(三宝大荒神)

[概要]
[だいこうざんじんじゃ(さんぽうだいこうじん)]

この神社は、枝野4区郷主内農村公園の西側にある。
江戸時代中期の仙台藩の記録『風土記御用書出』(安永風土記)では、「荒神社」と記されている。
[住所]
角田市島田字郷主内
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

[詳細情報]
社殿は耕作地の杉林の中にあって、社殿には「三宝大荒神」と書かれた扁額が掲げられている。

「荒神」とは、三宝荒神の略称で、仏教では“仏”と“仏の説いた教え”、そしてその“教えを信奉する僧”の三つを「三宝」といい、これらを守護する神が「三宝荒神」とされる。
この神社の御神体は、火産霊神(ほむすびのかみ)、火の神、またはかまどの神で、武士や鍛冶に携わる人々の信仰が厚かったという。

広がる田園風景の中に、鎮守の森と小さな鳥居が見え、その佇まいも風情がある。

・神社の隣に郷主内農村公園がある(公園内に駐車場あり)。

■アクセス/角田駅から車で15分。


【カテゴリー】:歴史>神社仏閣  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る