宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

国平山称念寺

[概要]
[こくへいざんしょうねんじ]室町時代の文安元年(1444年)に武州荏原(ぶしゅうえばら・現在の東京都目黒区)の目黒源内兵衛が奥州に移り、その子である資平が父の菩提を弔うため、応仁元年(1467年)に本寺を建立したと伝えられている。

目黒氏は、本寺から南東へ約1300mの地点にあった池田館を居城としており、目黒氏子孫の墓が池田館跡に残っている。

[住所]
宮城県角田市島田字大和橋59
[電話]
0224-62-4085
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
この寺に安置されている「木造阿弥陀如来座像」は高さ50cm、檜材の寄木造りで、作者は運慶の長男の湛慶(たんけい)と伝えられている。布張り漆塗りで螺髪も眼も彫り出すという平安時代末期の手法がとられているが、鎌倉時代初期の作風を示している。昭和39年8月7日に宮城県指定重要文化財に指定された。

伊具三十三観音第二十一番礼所となっている。

●角田駅より車で20分


【カテゴリー】:歴史>神社仏閣  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る