宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

称名寺

[概要]
[しょうみょうじ]

称名寺は福島県いわき市の専称寺の末寺で、応仁3年(1469年)に磐城国信夫郡松川村常念寺27世良雲和尚が開山し、正徳3年(1713年)可伝良瑞が中興したといわれている。

[住所]
宮城県角田市尾山山根6
[電話]
0224-62-2008
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
伊具三十三観音十六番礼所とされている。この寺に、「幽霊梵鐘」と呼ばれる元録6年(1693年)銘の梵鐘(市指定)があり、次のような伝承が残っている。

延暦天和の頃に、高橋某という仙台藩士がおり、妻がいるのに隣村の女と浮気をしていた。
そのため藩士はしばしば自分の妻を虐待していたが、妻は家を出て行かなかったので、ついに藩士は隣村の女と謀って妻を殺してしまった。

亡くなった妻は死霊となり、女を憎み夜な夜な姿を現しその家に入ろうとしたが、門に神符が貼ってあったため入れなかった。

そこで村人の一人に頼んでその神符をはがしてもらい、ついに女を責め殺した。
妻はその村人に謝礼として黄金数枚を渡し、冥福を祈って梵鐘を寺に寄進するよう頼んだ。

村人は、自分の行いを後悔している藩士にそのことを話し、藩士はその黄金を混ぜて梵鐘を鋳造した。

以来、幾度の火災にあっても、黄金が入っているためその梵鐘の音色は変わらず今に至るという。

●角田駅より車で16分

[GO!角田ブログ関連リンク]

【カテゴリー】:歴史>神社仏閣  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る