宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

小針の薬師堂

[概要]
[こばりのやくしどう]

薬師堂は、かつては西方の水田にあったが、洪水の被害を避けるため、明治年間に現地に移転したものである。

本尊の薬師如来座像(県指定)は像高111.4㎝、カヤ材の寄木造で、鎌倉時代中期、建長6年(1254年)の胎内墨書銘がある。

二重円光の光背の形は平安・鎌倉時代を通じてよく使用された形で、像は素朴で刻みは粗く、衣文なども大まかな彫成になっている。

胎内の墨書銘は奇進者名と思われる50名の氏名が念仏の回数とともに記されており、当然の信仰のあり方を知る上で貴重な資料となっている。

[住所]
宮城県角田市稲置字小針
[電話]
0224-63-2221(角田市教育委員会生涯学習課)
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
「木造薬師如来菩薩坐像」は、県指定文化財(高蔵寺所有物)

【カテゴリー】:歴史>神社仏閣  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る