宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

旧佐藤家住宅

[概要]
[きゅうさとうけじゅうたく]

江戸時代中期(18世紀中頃)の仙台領内中農家の家屋とされ、国の指定を受け昭和47年に現在の場所に移築・復元された。

間口約15m、奥行約8mの直屋様式(すごやようしき)をとり、屋根は寄棟造の茅葺で、東北の農家らしく重々しい。

この頃の農家の基本的な間取りの1つである広間型三間取の単純な構成になっており、土間が全体の4割を占めている。

天井は煙り出しのための藩の禁止令のため設けられず、太く荒削りの柱は鳥居建(とりいだて)という古式の構造で、木材の曲がりを巧妙に利用した柱や梁からなっている。

[住所]
宮城県角田市高倉字寺前50
[電話]
0224-63-2221(角田市教育委員会生涯学習課)
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
※旧佐藤家住宅は高蔵寺敷地内にあります
[詳細情報]
国指定重要文化財(昭和46年8月13日指定)住宅内は見学自由で、江戸時代に使われていた生活道具などが置かれ、当時の様子が再現されている。

●見学自由
●開放時間/9:00~16:00
●休館日/年末年始
●角田駅より車で15分

[GO!角田ブログ関連リンク]

【カテゴリー】:歴史>国指定 歴史>旧家  【タグ】: ,

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る