宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

大町恕軒の碑

[概要]
[おおまちじょけんのひ]

大町恕軒は寛永12年(1635年)藤田村に生まれ、慶安元年「1648年」14歳で伊達家に仕え、大番士(平士=仙台城の警護、治安維持、藩政執務に当たる)をつとめ功績をあげたが68歳で剃髪して恕軒と号し、正徳2年(1712年)78歳で天寿を全うするまでの行歴を碑文は仔細に述べている。碑文は47行、2200字余りの長文で、撰者は遊佐好生、書は蜂屋可敬でともに藩の儒者である。

[住所]
宮城県角田市藤田寺岡47 喜松院墓地内
[電話]
0224-63-2221(角田市教育委員会生涯学習課)
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
碑は高さ4m。
石材は近くの明通峠にあったとされる「亀石」と呼ばれた巨石を半分に割って建てたと言い伝えられている。両脇にある石碑も亀石から作られたとされる。2200字余りにもなる碑文は他に例がなく、碑身を台石にはめ込む形の設計とその優れた施工技術、大きな花崗岩を使用した数少ない石碑として、市指定重要文化財に指定されている。

●角田駅から車で17分


【カテゴリー】:歴史>記念碑  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る