宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

高山上水翁の碑

[概要]
[たかやまじょうすいおうのひ]

高山善ェ門は文久3年(1863年)素封家高山三七郎の嫡男として角田に生まれた。

町会議員や県会議員などの要職にあったが、明治37年4月、町長星見橘治ら名望家とともに「角田町上水期成同盟会」を結成し、大沼干拓と角田上水の大土木事業を成し遂げ、高山氏はこの功労により、町議会において「上水の翁」の尊号を贈られた。

[住所]
角田市角田字田袋73-1 江尻排水ポンプ記念館前
[電話]
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
当時は水害などによる凶作が相次ぎ、大沼干拓と上水工事は旧藩時代からの念願で、凶作救済事業が目的であった。北郷、桜、角田、舘矢間などの水田約540haの灌漑用水を阿武隈川に求め、舘矢間から導水して町の中心部を貫流し尾袋川に合流、江尻閘門より阿武隈川に注水させるというもので、約1年をかけ明治40年に完成した。

このことによって大沼等80haの沼地は干拓され、美田と化すことになったのである。

銅像は彫刻家佐藤忠良氏によるものである。

●角田駅より車で3分、徒歩10分


【カテゴリー】:歴史>記念碑  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る