宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

角田城跡

[概要]
[かくだじょうあと]

臥牛舘あるいは金鶏館とも呼ばれた仙台藩の要害で、白石城、亘理要害と並んで南からの敵に対する防衛の拠点であった。

永禄年間、伊達市の庶流である田手氏が、天正19年には伊達成実が居城した。
慶長3年(1598年)伊達家御一門石川照光が1万石(のち加増され最終的には2万1380石)を与えられた志田郡松山より移封、以後明治維新に到るまで石川氏の居城となった。

城は背後に山と谷地、沼を備えた後堅固の平山城で、総廻り567間(約1020m)ある。
周囲には堀と土手が廻らされ大手門、蔵兵具庫。
馬屋、南町に通ずる川中島と呼ばれる裏門などがあった。

現在、中心部は校地となり、堀は埋めたてられて宅地化された。
城の表門である「臥牛門」は長泉寺に移築されている。

[住所]
角田市角田字牛舘1(角田高等学校・中学校敷地内)
[電話]
0224-63-2221(角田市教育委員会生涯学習課)
[FAX]
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
※地図はおおよその場所になります
[詳細情報]
[GO!角田ブログ関連リンク]

【カテゴリー】:歴史>遺跡  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る