宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

角田市郷土資料館

[概要]
[かくだしきょうどしりょうかん]この資料館は、明治初年から大正年間にかけて、郷土の旧大地主初代と2代目氏家丈吉氏が建築した邸宅を昭和60年に市が譲り受け、郷土資料館として整備したものである。現在、「旧氏丈邸(きゅううじじょうてい)」として角田市指定文化財に登録されている。
[住所]
宮城県角田市角田字町17
[電話]
0224-62-2527
[FAX]
0224-62-2527
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
旧氏家邸は当時「角田三富豪」に数えられた豪邸で、本町通りに面した3,101㎡の屋敷には数奇屋造りの豪華な邸宅やいくつもの土蔵などがある。大正期には、店蔵、母屋、文庫蔵、米蔵など18棟もの建物が配置されていたが、現在は表店蔵、母屋、土蔵など7棟のほか、表門(角田城から移築)が残っている。展示室の米蔵では、遺跡からの出土品などの考古資料や角田館主石川氏関係資料を展示し、母屋では、詩人「吉野臥城」資料、石川家伝来最上胴具足、掛軸などが常設展示されている。
平成26年で4年連続の開催となった春の甲冑展や、伊達政宗公の息女である牟宇姫が角田館主三代石川宗敬公に嫁ぐ際持参したとされる雛人形や雛飾りを展示する雛人形展など、年に数回企画展も開催している。
■入場料 / 無料 ただし企画展期間中は有料(一般300円、団体(20名以上)250円、高校生250円、中学生以下無料)
■開館時間 / 9:00~16:30
■休館日 / 月曜日、国民の祝日(月曜日が祝日の場合はその翌日も)、年末年始(12月28日~1月4日)
■駐車場 / あり(30台、大型バス可)
■おみやげ販売 / なし
■食堂 / なし
■アクセス / 角田駅から車で5分、徒歩20分
 
 
[GO!角田ブログ関連リンク]

 


【カテゴリー】:歴史>施設  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る