宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

宮崎三枝子 (毛萱スローライフサークル代表)

[概要]
宮崎三枝子(手作り小屋)[みやざきみえこ (けがやすろーらいふさーくるだいひょう)]

毛萱スローライフサークル代表であり、「手作り小屋」発起人でもある。

「ぞうリッパ」、籠作りを近隣の人たちに教える活動の他、西根街づくり、「もったいない市」参加等を通して、地域活性化に貢献。
平成24年「すばらしい角田をつくる協議会」(生涯学習)より表彰される。

「一人一芸を持った人達が集まろう。教えよう」をスローガンに、60歳~65歳の年金ブラックホールのまっただ中の人たちを繋いで、お互いの技術を教えあって「小銭を稼ごう」と活動中。

手工芸の他、こんにゃく作り、味噌作り体験も行っている。

[住所]
宮城県角田市毛萱字館下10-1
[電話]
0224-65-2281
[FAX]
[Email]
[URL]
[詳細情報]
「毛萱スローライフサークル」は、平成17年発足した。日本の伝統技術を伝承することを目的に、一人一芸を持った人が集まる。毎週月曜日「手づくり家」に集まって、みんなで教えあいながら“ぞうリッパ”やアケビ蔓を使用した“籠”の製作などを行っている。

また竹ざるなど竹細工は高齢化の影響で、製作技術を伝承する者が減ってきたことから、その伝統を絶やさぬよう、角田にただひとり残る職人より指導を受け、サークル内外にその技術を広める活動を行っている。

サークルでは季節によって展覧会や花見に出かけるなど、楽しみながら活動を行っており、物作りの他にも年間を通し五目おこわやこんにゃく作り、しそ巻き作りなど日本の昔ながらの食文化にも取り組んでいる。

[GO!角田ブログ関連リンク]


【カテゴリー】:文化>人  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る