宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

伊達政宗公息女牟宇姫嫁入り持参雛人形

[概要]

[だてまさむねこうそくじょむうひめよめいりじさんひなにんぎょう]伊達政宗の次女である牟宇姫が12歳で伊達家一門筆頭の角田領主、石川宗敬(角田石川家3代)に嫁いだ際嫁入り道具として持参したとされる雛人形。毎年2月中旬から3月中旬には角田市郷土資料館にて展示される。
高さ45センチ・幅66センチ(女雛の着物の裾幅)もある特注の男雛と女雛には、金糸が贅沢に使われたそろいの雲龍紋の着物が誂えられている。また金と黒、そして紅花染めの朱から成る豪華な配色からは、牟宇姫に対する政宗の情愛が感じられる。
[住所]
宮城県角田市角田字町17(角田市郷土資料館)
[電話]
0224-62-2527
[FAX]
0224-62-2527
[Email]
[URL]

大きな地図で見る
[詳細情報]
☆牟宇姫は当時42歳の伊達政宗と側室の尾山の方の間に生まれた。政宗にとって長女の五郎八姫(いろはひめ)から実に15年ぶりの女の子だったため政宗は牟宇姫をことのほか可愛がり、江戸時代の石川家の記録によると、牟宇姫へ計329通もの手紙を直筆で宛てていたとされる。
[GO!角田ブログ関連リンク]


【カテゴリー】:歴史 歴史>文化財  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る