宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

角田菊友会

[概要]

[かくだきくゆうかい]2001年(平成13年)に発足した「角田菊友会」は、菊をこよなく愛する方々の会。2代目会長は遠藤英一氏(写真右)。前身の「菊花愛好会」の時代に、みやぎ国体剣道大会を150鉢の菊で飾るため、新たに会員を募って栽培に当たる。大会当日は、白と黄色の見事な菊で全国からの参加者を迎えた。その後愛好会を発展的解消して23名でスタートしたが、現在は9名。2015年オープンの市民センターをお祝いの菊で飾るため、準備を始めている。
[住所]
[電話]
0224-65-2462(遠藤英一会長)
[FAX]
[Email]
[URL]
[詳細情報]


☆みやぎ国体に向け、会員みんなが当番で水かけをし、初代会長高橋喜十郎氏と遠藤氏の2人で、シェード(遮光)の管理をした。朝は7時まで暗くしてその後に日光を当て、夕方は5時から暗くするなどの技術とさらに良天候がうまく重なり、大会当日に見事に咲かせたのが150鉢の菊だ。
☆毎月の勉強会のほかに、年2回会員の菊づくりの状況を見て回り、情報交換し
て会全体の技術の向上をはかっている。
☆愛情をこめて育てた菊を地域のイベント会場をはじめ、自治センター、長泉寺、高蔵寺などに飾る。完全ボランティアで秋の香りを定期的に届け、市民の目を楽しませている。
☆遠藤英一会長は2014年10月の「みやぎ大菊花展柴田大会」で4度目の内閣総理大臣賞を受賞するなど菊づくり21年のベテラン。また全日本菊花連盟認定の審査員と指導員も務める。
[GO!角田ブログ関連リンク]


【カテゴリー】:文化 文化>人  【タグ】:

このページの上に戻る 前のページに戻る トップページに戻る