宮城県角田市の観光情報を発信!ココカクダ

  • イベントのお知らせ
  • イベントカレンダー
  • トピックス
  • 角田のまちづくり
  • 角田の宇宙研究
  • 角田の食
  • 角田の文化
  • 角田の自然
  • 角田の歴史

歴史>文化財(13件)

  • f74b1f52a21ec2e5752b99e7f31d9200 伊達政宗公息女牟宇姫嫁入り持参雛人形

    [概要] [だてまさむねこうそくじょむうひめよめいりじさんひなにんぎょう]伊達政宗の次女である牟宇姫が12歳で伊達家一門筆頭の角田領主、石川宗敬(角田石川家3代)に嫁いだ際嫁入り道具として持参したとされる雛人形。毎年2月…

  • m_DSC_1307_convert_20131024114538 和田家資料「内留」

    [概要] [わだけしりょう うちどめ]伊達家一門総座上(筆頭)の家格を有した角田邑主石川氏の重臣、和田家に伝来した和田家資料「内留」は、奥年寄和田縫殿右衛門が記した長期にわたる日々の記録。これまで厚いベールに包まれてきた…

  • DSC_0950 紺糸最上胴具足

    [概要] [こんいともがみどうぐそく] 角田石川家伝来と伝えられてきた甲冑の一つで、全体に江戸時代末期の復古調の甲冑の特徴を示している。内面には金箔が施され、豪華な仕様になっており、県内屈指のものと評価される角田石川家ゆ…

  • DSC_0311 土浮貝塚

    [概要] [どぶかいづか] 土浮貝塚は、阿武隈川沿いに立地する縄文時代前期(約6000年前)の貝塚として古くから知られていた。 平成5年に一部が発掘調査され、120層を超える貝層が確認された。 このことは、6000年前の…

  • DSC_1498 高蔵寺カヤの群生林

    [概要] [こうぞうじかやのぐんせいりん] カヤは日本固有の植物で、九州から東北地方南部の範囲で分布しており、高蔵寺では阿弥陀堂裏や、本堂の裏山にかけて84本が群生している。 群生している面積は50アール。 平成25年5…

  • DSC_0663 文永十二年銘供養碑

    [概要] [ぶんえいじゅうにねんめいくようひ] この板碑は藤田寺境内の西側にあり、県内でも珍しい文永12年(1275年)の建立である。 昭和43年10月1日に角田市文化財に指定された。 阿弥陀三尊の種子(※1)である、「…

  • DSC_0007 毘沙門堂の榧

    [概要] [びしゃもんどうのかや] 角田市鳩原にある福應寺境内に伸びる大きな榧(かや)の木。 幹周は5.5mで樹高は31.5mある。 地上6.7m付近で幹が東西二つに分かれ、更に各二大枝に分岐する。 樹齢は800~100…

  • DSC_0134 八幡神社楼門

    [概要] [はちまんじんじゃろうもん] 八幡神社内の楼門は2階建ての構造になっており、慶應2年(1866年)の建造と伝えられる。 その特色は各所に施された豊富な彫刻群や組み物にあり、特に軒下で庇を支える虹梁(こうりょう)…

  • DSC_0164 八幡神社の大杉

    [概要] [はちまんじんじゃのおおすぎ] 八幡神社の境内に群生する大杉である。推定樹齢は300年以上とされる。 大きいもので根元の幹回り9m、樹高30mになる。 平成3年5月28日に角田市の天然記念物に指定された。 [住…

  • DSC_1442 高蔵寺の大杉

    [概要] [こうぞうじのおおすぎ] 高蔵寺阿弥陀堂へ続く参道の左右に立つ杉の巨木で、平成17年5月10日に宮城県の天然記念物に指定された。 阿弥陀堂に向かって左側の「大杉」は推定樹齢800年と言われ、樹高27m。 反対側…

  • DSC_0321(メイン) 妙立寺の鰐口

    [概要] [みょうりつじのわにぐち] 伊達家より拝領したと伝えられ、福徳2年(1490年)の私年号が刻してある。直径44センチ、厚さは14センチ、撞座の蓮弁の形は3角形に近い8弁で、芯が4個浮き出ている。重圏、3重圏で表…

  • DSC_0323(メイン) 妙立寺の長持

    [概要] 妙立寺に施入された年代や事情は不明だが、伊達家より拝領したものと言われている。横167㎝、奥行65㎝、高さ82㎝の大きさで、仕上げは玉虫色で前面に金色で伊達家家紋(竹に雀、円に堅の3つ引両)が描かれている。伊達…

  • 指定文化財一覧

    区分 名称 所在 指定日 国指定 建造物 高蔵寺阿弥陀堂 高倉・高蔵寺 25. 8.29 旧佐藤家住宅 高倉・高蔵寺 46. 8.13 彫刻 木造阿弥陀如来坐像 高倉・高蔵寺 25. 8.29 史跡 梁瀬浦遺跡 岡字梁瀬…

このページの上に戻る